-転職を成功させる

2009年7月アーカイブ

転職活動の書類選考・筆記試験・面接と採用側は、様々な試験をトータルに見て転職者を中途採用するのか判断しますが、その中で採用の決め手となるのは企業に対しての熱意です。転職を希望する上でその企業のどこに惹かれたのか、企業にどのような影響を及ぼしていきたいかというように、企業と一生付き合っていく熱意のある人材が採用担当者の心を動かし転職者を採用することになるのです。企業へ転職者の熱意をアピールするための行動を起こすことが重要です。

転職活動の情報収集をした後、企業に対して自分が感じたことをまとめておきましょう。企業方針のどこに感銘を受けたのか、自分なりに考えた企業商品の魅力など、情報収集に自分の意見をプラスすると転職者が企業にたいして自分なりの意見をもって接してきていると感心されるでしょう。そのような転職者は、企業の目に留まりやすくなります。

資格取得は、企業に転職するために転職者が努力をした証明になり、企業で行う業務に必要な資格の取得をした努力は評価の対象になります。転職の中途採用は、実績を積んだ経験者なら実績から仕事に対する熱意を確認できるのですが、実績がない転職者は仕事に対する熱意が見えづらいので、その場合は資格取得という形で熱意をみせるのも有効な手段です。

実績や高いスキルを持つだけでは転職者の採用を決定づけるものにはなりません。転職者の熱意が採用の決め手の一つですから、しっかりと伝えることです。

転職活動では自己PRをする機会が何度かあります。書類選考での履歴書や職務履歴書には自己PR欄があることが多く、筆記試験に作文が含まれている場合には自己PRを題材に作文を書くこともあります。転職活動の面接でも必ず自己PRをすることが求められるので、面接の自己PRのポイントを頭に叩き込んでおきましょう。

転職活動の情報収集やキャリアの棚卸しは自己PRに大きな影響を及ぼします。転職の面接では、ただ自分の長所を羅列するような自己PRは効果がありません。情報収集で企業が求める転職者の条件を把握し、転職者の職務経験や業績と照らし合わせて企業が求める人物像と転職者がマッチしていることを企業にアピールすることで、効果的に自己PRをすることが出来ます。

面接で転職者の自己PRをする機会が最後にくるならば、自己PRの内容に工夫するというのも一つの手です。その場合、転職者の自己PRに採用担当者からの質問内容の答えを組み込むと更に効果的なアピールになります。

面接での自己PRは、採用担当者と転職者との会話のキャッチボールのようなものです。自己PRとなると強いアピールを避けるため「即戦力になるかどうかは分かりませんが」と遠慮するような自己PRをする転職者がいますが、そうなると採用担当者から「即戦力にならないならいりません」という答えが返ってくるのは当然のことなので、自分をマイナス評価する自己PRは止めましょう。

 

 あむろなみえ  こうだくみ  ヌーブラ  借金

転職者の採用試験は、履歴書・職務経歴書の書類選考と面接が基本ですが、転職者の応募総数が多かったり専門知識を必要とする業界だったりすると筆記試験を行うことがあります。特に、評価対象となる実績のない第2新卒など、若年層の転職者への採用試験には筆記試験が用いられることが多いです。

筆記試験で、まず始めに対策が必要なのは、転職者の一般的な知識を測ることを目的とした一般常識問題です。政治経済・国際情勢などの時事用語と学校教育で学んだ国語・英語・数学などの基礎学力を中心とした一般常識問題は、転職者に社会人としての基本的な知識があるかの判断材料になります。転職者は、新聞を定期的に読むことや一般常識問題集で勉強することで対策します。

最近では、転職者の業務遂行能力をチェックする試験として能力適性検査を用いる企業が増えています。転職者に対し、SPIと呼ばれる試験を利用して業務の遂行に必要となる言語能力や論理的思考を持っているかの確認をします。SPIは出題パターンが決まっていますから対策本で徹底的に勉強しましょう。

外資系関連やIT関連など転職する業界によっては、業界に特化した能力を検査する専門知識問題が重視されます。転職を希望する企業が外資系企業ならば英語力、IT企業ではプログラミング能力を持つことが必須となるので、転職サイトで紹介される業界の対策本や業界に特化した資格の勉強をすることが対策方法となるでしょう。

 

 BBクリーム比較  ニートについて  ニートの問題点  ゴールデンスプーン

転職活動の準備

| コメント(0) | トラックバック(0)

転職活動を開始してから困ることのないよう、転職活動の準備は万全にしましょう。転職活動には、資金・情報網の確立・履歴書や職務経歴書などの準備が必要です。企業の採用期間には限りがあるので、準備が整っていないとせっかくのチャンスを逃してしまいます。

まず、転職活動資金がなければ転職活動は出来ません。転職活動では転職者の印象を良くするためのスーツやメイク道具など、みだしなみに関する出費が増え、転職を希望する企業が遠方ならば交通費がかかり、多くの転職活動資金を必要とします。転職者の転職活動資金の平均は50万円程度ですが、転職活動が長引けば転職活動資金は増加し、自宅から通えないような遠方への転職ならば採用後の住居費用も重なるので、その場合は、転職活動資金を100万円程度に引き上げて設定することになるでしょう。

採用側の求人活動が活発になり、転職者が本格的に転職活動を行う頃には情報網を絞り込んでおきましょう。どの情報誌を利用するのか、どの転職サイトを利用するのかを限定し、転職サイトへの登録も済ませておいて下さい。本格的な転職活動に入るとスピードとの勝負になりますから、その時期になって、むやみやたらに情報を集める行為は転職活動の効率を悪くし、転職活動に失敗する原因になります。

採用側は必ず転職希望者に、履歴書や職務経歴書の提出を求めます。転職活動中は、履歴書や職務経歴書を、複数用意しておきましょう。

 

 自宅でするヘアカラー  BBクリームの評判  BBクリームのクチコミ
カテゴリー
更新履歴
転職者中途採用の決め手(2009年7月22日)
転職活動の面接での自己PR(2009年7月22日)
転職活動の筆記試験対策(2009年7月22日)
転職活動の準備(2009年7月22日)
カテゴリー
更新履歴
転職者中途採用の決め手(2009年7月22日)
転職活動の面接での自己PR(2009年7月22日)
転職活動の筆記試験対策(2009年7月22日)
転職活動の準備(2009年7月22日)