Top > 転職活動の筆記試験対策

転職活動の筆記試験対策

転職者の採用試験は、履歴書・職務経歴書の書類選考と面接が基本ですが、転職者の応募総数が多かったり専門知識を必要とする業界だったりすると筆記試験を行うことがあります。特に、評価対象となる実績のない第2新卒など、若年層の転職者への採用試験には筆記試験が用いられることが多いです。

筆記試験で、まず始めに対策が必要なのは、転職者の一般的な知識を測ることを目的とした一般常識問題です。政治経済・国際情勢などの時事用語と学校教育で学んだ国語・英語・数学などの基礎学力を中心とした一般常識問題は、転職者に社会人としての基本的な知識があるかの判断材料になります。転職者は、新聞を定期的に読むことや一般常識問題集で勉強することで対策します。

最近では、転職者の業務遂行能力をチェックする試験として能力適性検査を用いる企業が増えています。転職者に対し、SPIと呼ばれる試験を利用して業務の遂行に必要となる言語能力や論理的思考を持っているかの確認をします。SPIは出題パターンが決まっていますから対策本で徹底的に勉強しましょう。

外資系関連やIT関連など転職する業界によっては、業界に特化した能力を検査する専門知識問題が重視されます。転職を希望する企業が外資系企業ならば英語力、IT企業ではプログラミング能力を持つことが必須となるので、転職サイトで紹介される業界の対策本や業界に特化した資格の勉強をすることが対策方法となるでしょう。

 

 BBクリーム比較  ニートについて  ニートの問題点  ゴールデンスプーン
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
転職者中途採用の決め手(2009年7月22日)
転職活動の面接での自己PR(2009年7月22日)
転職活動の筆記試験対策(2009年7月22日)
転職活動の準備(2009年7月22日)