Top > 転職活動の面接での自己PR

転職活動の面接での自己PR

転職活動では自己PRをする機会が何度かあります。書類選考での履歴書や職務履歴書には自己PR欄があることが多く、筆記試験に作文が含まれている場合には自己PRを題材に作文を書くこともあります。転職活動の面接でも必ず自己PRをすることが求められるので、面接の自己PRのポイントを頭に叩き込んでおきましょう。

転職活動の情報収集やキャリアの棚卸しは自己PRに大きな影響を及ぼします。転職の面接では、ただ自分の長所を羅列するような自己PRは効果がありません。情報収集で企業が求める転職者の条件を把握し、転職者の職務経験や業績と照らし合わせて企業が求める人物像と転職者がマッチしていることを企業にアピールすることで、効果的に自己PRをすることが出来ます。

面接で転職者の自己PRをする機会が最後にくるならば、自己PRの内容に工夫するというのも一つの手です。その場合、転職者の自己PRに採用担当者からの質問内容の答えを組み込むと更に効果的なアピールになります。

面接での自己PRは、採用担当者と転職者との会話のキャッチボールのようなものです。自己PRとなると強いアピールを避けるため「即戦力になるかどうかは分かりませんが」と遠慮するような自己PRをする転職者がいますが、そうなると採用担当者から「即戦力にならないならいりません」という答えが返ってくるのは当然のことなので、自分をマイナス評価する自己PRは止めましょう。

 

 あむろなみえ  こうだくみ  ヌーブラ  借金
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
転職者中途採用の決め手(2009年7月22日)
転職活動の面接での自己PR(2009年7月22日)
転職活動の筆記試験対策(2009年7月22日)
転職活動の準備(2009年7月22日)