Top > 転職者中途採用の決め手

転職者中途採用の決め手

転職活動の書類選考・筆記試験・面接と採用側は、様々な試験をトータルに見て転職者を中途採用するのか判断しますが、その中で採用の決め手となるのは企業に対しての熱意です。転職を希望する上でその企業のどこに惹かれたのか、企業にどのような影響を及ぼしていきたいかというように、企業と一生付き合っていく熱意のある人材が採用担当者の心を動かし転職者を採用することになるのです。企業へ転職者の熱意をアピールするための行動を起こすことが重要です。

転職活動の情報収集をした後、企業に対して自分が感じたことをまとめておきましょう。企業方針のどこに感銘を受けたのか、自分なりに考えた企業商品の魅力など、情報収集に自分の意見をプラスすると転職者が企業にたいして自分なりの意見をもって接してきていると感心されるでしょう。そのような転職者は、企業の目に留まりやすくなります。

資格取得は、企業に転職するために転職者が努力をした証明になり、企業で行う業務に必要な資格の取得をした努力は評価の対象になります。転職の中途採用は、実績を積んだ経験者なら実績から仕事に対する熱意を確認できるのですが、実績がない転職者は仕事に対する熱意が見えづらいので、その場合は資格取得という形で熱意をみせるのも有効な手段です。

実績や高いスキルを持つだけでは転職者の採用を決定づけるものにはなりません。転職者の熱意が採用の決め手の一つですから、しっかりと伝えることです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
転職者中途採用の決め手(2009年7月22日)
転職活動の面接での自己PR(2009年7月22日)
転職活動の筆記試験対策(2009年7月22日)
転職活動の準備(2009年7月22日)